スポーツスター、トランスミッション修理。組付け編。

2002年式のXLH
5速ギヤのスポーツで良く有る、
1速ギヤに入れる時のガラガラガチャンの修理です。
 これが一番の肝になる部品。
カウンターの1速ギヤです。
 ガラガラしている時に、スムーズにギヤが噛み込まない為、
傷がついていますよね。
 対策品として出ている物はギヤが入りやすい様に、
加工が施されています。
使用するのはクロスレシオの為、
純正品と比べて一回り小さくなっています。
このクロスレシオを入れる事により、1速ギヤでの頭打ちが軽減され、
町乗りのストレスも軽減します。
そしてガラガラガチャンも解消される訳です。
 その為、メインシャフトの1速ギヤも交換します。
こちらは1回り大きくなっています。
 メインやカウンターのベアリングもついでに交換します。

 もちろんシャフトに入る、分割ベアリングも交換。
 順番に組み込んでいきます。


 スプロケットシャフトのシールもダメだった為、交換します。
 ステーターコイルも点検したところ、
被覆がめくれていましたし、
 コイルもかなり焼けていて黒く変色していたので
完全にダメになる前に交換です。
 しばらくは持つかもしれませんが、
すぐダメになるかもしれません。
ダメになったらまた工賃余分に掛かってしまいますもんね。
折角開けたなら、出来る事はついでにやっておくべきだと思います。
(もちろんお客様とは都度相談してやっています)
 ミッション本体を組み込み、
 シフターの調整。
 プレッシャープレートのベアリングも交換。
 クラッチ板も摩耗や焼き付きがあった為交換。

 プライマリーチェーンアジャスタのシューも大分摩耗しています。
 こちらも交換。
 ついでにイージープルクラッチに交換です。
ベアリングサイズを大きくし、
クラッチレバーの重さを軽減するアイテムです。

 クラッチアジャスタスプリングも大分ヘタっているので交換。
これは良く折れたりしますので要注意です。
 クラッチ調整し完成です。
video
因にこちらが修理前。
video
こちらが修理後の1速ギヤに入れる時の画像です。
ガラガラガチャンが解消されましたね。
5速スポーツで同じ様な症状でお悩みの方。
お気軽にお問い合わせ下さい。


For Sale情報 







ハーレーダビッドソン、その他の車両探し
輸入代行カスタム、修理、車検、カスタムペイント
何でもお気軽にご相談ください。


PRIDE ROCK MOTORCYCLE
454-0981
名古屋市中川区吉津5丁目301
TEL&FAX  052-431-3555
OPEN 10:00~CLOSE19:00
CLOSED MONDAY


コメント

人気の投稿