snow's panhead

snow's panhead

2017年1月17日火曜日

1959'XLCH オイル漏れ他、修理。

 前回クラッチ周りをやり直したアイアン。
前後フェンダーのクラック修理や、各オイル漏れを治すべく、
 マフラーを取り外します。
リヤタイヤが、フェンダーを止めるボルトが長いせいでこんなにエグれていました。
どのみち溝もなかったのでタイヤは交換し、ボルトも短くします。
 リヤフェンダーのクラックはオーナーが一度直していて、
ずれたまま溶接してあったのですが、一度溶接をすべてとって直すのは大変なので 
このまま溶接し、
裏板を当てて補強をして直しました。
 あまり見えない部分なので、しっかり治さなくていいということだったので、
簡易的に似たような塗料の缶スプレーで塗装しています。
 そして、インターナルスロットルの動きがスブイトのことだったのでバラしてみると、
アウターケーブルがどこかで挟んだいたようで、
そこの部分でのインナーの動きに影響していました。
アウターのヘコミは直し様がないので新品に交換します。

 プシュロッドからのオイル漏れもひどかった様で、一度エンジン周りをきれいに洗浄し、
 プシュロッドシールも交換しました。
インナースロットルケーブルを交換する際に、偶然見つけたトップティーのクラック。
 応急的にですが、溶接修理しておきました。
タイヤ交換する際に、ホイールを外すとナットが…。
一箇所違うナットが付けられていました。
無くして探さなかったんでしょうね。
危険ですよね。
 タイヤも新品にして、
 オイル漏れが一番酷かった、エンジン下部のドレンボルト。
完全になめていたので、オーバーサイズに交換しました。
エンジンをバラさずに作業するのはとても大変でした。
一通りの不具合箇所を直して、完成です。





ハーレーダビッドソン、その他の車両探し
輸入代行カスタム、修理、車検、カスタムペイント
何でもお気軽にご相談ください。


PRIDE ROCK MOTORCYCLE

454-0981
名古屋市中川区吉津5丁目301
TEL&FAX  052-431-3555
OPEN 10:00~CLOSE19:00
CLOSED MONDAY

2017年1月14日土曜日