スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

ナックルトランスミッション リビルド分解編。

リヤタイヤを回転させた時にミッションからガラガラという異音があったので、  お客様と相談し、分解する事に。 トップカバーを開けた状態でギヤを回してみると、  カウンターシャフトとギヤのガタが多く、そこからの異音とも一つ考えられます。  キッカーカバー側、スタータークランクギヤのナットも締まっていなかった為、 あそびが出てしまってガタガタですね。  カウンターをバラしした後、 メイン単体での状態で、サードのガタを見てみると、 これまた異常なスラストの多さですよね。  メインシャフトのベアリングも酷い跡があり、 ガリガリでした。 ちなみに新品との比較。 メインも引き抜き、1st&2ndギヤのベアリングと共締めのナットも 締め足らずにガタガタ。 元々付いてたカウンターシャフトは高年式用で、ギヤセットは低年式用。 高年式用はシャフトが細い為、カウンター側のガタが異常にあった訳です。  すべて取り外し、メインベアリングをチェック。  かなり焼きつきが見られました。 正直ここまで酷いミッションは初めて見ました。 これからちゃんと治していきます。


プライドロックのパーツや車両販売をいち早く更新中のインスタグラム

最新の投稿

夏季休業のお知らせ。