snow's panhead

snow's panhead

2015年3月25日水曜日

2000'FLSTF ツインカム カムギヤ化 前編。

ツインカムの純正カムはチェーン駆動で、
そこに使用されているテンショナーの寿命は約50,000kmといわれています。
勿論乗り方だったり、オイル交換の頻度で寿命はまちまちだと思いますが。
 純正のプシュロッドが使用されている場合、
調整式では無い為ロッカーカバーからの分解となります。
アジャスタブルの場合はカムカバーのみの分解で作業出来るので、
これを機に交換という方も多い様です。
 クイックカムチェンジガスケットキットなる物が販売されていますが、
ロッカーカバーのベース側ガスケットが付属されていません。
一度ロッカーを取り外してしまわないといけないので、
他のボルトを取り外さないとはいえ、トルク管理がきちんと出来ず、
オイル漏れが懸念されるので、
 当店では一度分解した際は、ベースガスケットも同時交換しています。
 タペットとカムカバーを取り外したらいよいよご対面です。
 今回テンショナー自体の摩耗は著しく酷くはありませんでしたが、
一部破損が見られた為、良いタイミングでした。
分解時走行距離は約45,000kmでした。
 カムギヤ化にあたり、カムのチョイスになる訳ですが、
色々出ている為、お客さんと相談して決めていきます。
 今回は同時にオイルリングシステムの交換も行います。
純正品と比べて、送る量を40%アップ、戻りを60%アップさせ、
送りの量を増やす事で、
低回転時のアイドリング時もオイル切れが無い様に供給させれる様に、
しかしエンジン内部に余分なオイルが残っていると、
エンジン回転時に負荷を掛けてしまいます。
それを戻す量を増やす事によって、
ストレス無く、スムーズにエンジンを回転させてくれるといった優れものです。
 特殊工具を使用しカムベアリングを取り外します。
左が新しい物で、右が純正品。
変摩耗も見られて、対策品と比べると明らかにベアリングの量が少ないですね。
特殊工具を使用しベアリングを圧入。
 ピニオンシャフトの振れを測定し、問題なければ組付け作業の続きです。


Staff募集
やる気のある方、ハーレーが好きな方、一緒に働きませんか。
詳細はお電話下さい。
未経験者でもOKです。


ハーレーダビッドソン、その他の車両探し
輸入代行カスタム、修理、車検、カスタムペイント
何でもお気軽にご相談ください。


PRIDE ROCK MOTORCYCLE

454-0981
名古屋市中川区吉津5丁目301
TEL&FAX  052-431-3555
OPEN 10:00~CLOSE19:00
CLOSED MONDAY






2015年3月21日土曜日

ベイツスタイルオリジナルシート&パッド ワンオフハンドレール作製。

ベイツを再現して、鉄板も似た様な物から
白の本革でシートを作製。
 初めからやれた感じにエイジング処理も施してあります。
それに合わせてケツがズレてしまうのを防ぐ為、
ワンオフでレールを作製していきます。
 イメージはバディシートの小さめバージョン。
 少し飾り気を出して完成。
 これに合わせて餃子パットを作製。
 レールはボディに合わせてパーカライズにします。
 出来上がったパッドもエイジング処理で車両にマッチさせます。
 止め方も拘り、ボタンで留める様にしました。
 カッコいいですね。
どんなタイプのベイツスタイルシートでも作製しますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。


Staff募集
やる気のある方、ハーレーが好きな方、一緒に働きませんか。
詳細はお電話下さい。
未経験者でもOKです。


ハーレーダビッドソン、その他の車両探し
輸入代行カスタム、修理、車検、カスタムペイント
何でもお気軽にご相談ください。


PRIDE ROCK MOTORCYCLE

454-0981
名古屋市中川区吉津5丁目301
TEL&FAX  052-431-3555
OPEN 10:00~CLOSE19:00
CLOSED MONDAY







2015年3月17日火曜日

2003' XL883R ミッションギヤ抜け修理、組付け編。

前回車両より取り外したミッション本体を、
 点検しながら分解していきます。


 ミッションに使われている各部のベアリングはついでに交換します。

 問題があった1stギヤ。
1stギヤなんですが、4速のシフターとしての役割も担っている為、
これが原因でギヤ抜けしていました。
詳しくは前編で。
 ついでにスポーツに良くある1速に入れる時にガラガラガチャンで
入る症状を改善する為、対策部品に交換していきます。
 この切り欠きが肝です。
 クロスレシオでギヤの大きさが変わってくる為、セットで交換します。
 ギヤ内部のベアリングも交換です。
 順番に組んでいき、この状態で一度各ギヤの動きをチェックします。
 ステーターコイルもかなり焼けが発生していた為、いつ壊れてもおかしくありません。
お客さんと相談した結果、発電系全て交換する事に。
 オルタネーターローターも純正(右側)はマグネットが剥き出しで、
ボンドで付いている為、これが剥がれて発電不良の原因になる事もあります。
対策品(左側)では全て覆われていますね。
新車当時から交換されていないレギュレータも、
新品へ交換。
 ステーターコイルを交換し、ミッションもシフトの調整をしたら
 ローター、クラッチハウジングを組み込んでいきます。
 プライマリーカバーを組付け完成です。

クロスミッションを入れる事により、ガラガラガチャンの症状も無くなり、
街乗りが楽になります。
同じ症状でお悩みの方、お気軽にお問い合わせ下さい。


Staff募集
やる気のある方、ハーレーが好きな方、一緒に働きませんか。
詳細はお電話下さい。
未経験者でもOKです。


ハーレーダビッドソン、その他の車両探し
輸入代行カスタム、修理、車検、カスタムペイント
何でもお気軽にご相談ください。


PRIDE ROCK MOTORCYCLE

454-0981
名古屋市中川区吉津5丁目301
TEL&FAX  052-431-3555
OPEN 10:00~CLOSE19:00
CLOSED MONDAY